弁政連とは会長あいさつ役員紹介(組織)会費のご案内規約お問い合わせ

弁政連フォーラム 第314号 平成31年4月15日

国民民主党「浅野哲」衆議院議員への表敬訪問について


平成31年3月5日に日本弁理士政治連盟の水野勝文会長及び富崎元成副会長は、国民民主党の浅野哲衆議院議員を表敬訪問しました。

浅野議員は、国民民主党「弁理士制度改革・知的財産制度改革推進議員連盟(会長:古川元久衆議院議員)」に所属されており、衆議院の経済産業委員会にも所属されています。

会談の中で浅野議員からは、議員になる前に、日立研究所の研究員として自動車向け半導体センサーの開発に携わった経験から知的財産に関わる機会があった旨のお話があり、日本弁理士政治連盟の水野会長と富崎副会長からは、日本や諸外国の知的財産に関する紛争処理システムの現状を説明し、議員の先生たちに積極的に議論してほしい旨をお伝えしました。

浅野議員におかれましては、非常にご多忙のところ我々の訪問を受け入れてくださり、略儀ながら本誌面をもって御礼を申し上げます。

左から富崎副会長、小林鷹之議員、水野会長

左から富崎副会長、浅野哲議員、水野会長

会談の様子

会談の様子

この記事は弁政連フォーラム第314号(平成31年4月15日)に掲載したのものです。

←前のページへ戻る